車の足回りの異音の原因は?ゴーとなっている場合はどうする?

ショックアブソーバー 足回り

車に乗っていると、足回りから異音がすることがあります。

異音と言っても様々あり、「ゴー」とか「キー」などの音。

こうした足回りの異音は、ベアリングなどの重要な部品とも関係があります。

少しなので大丈夫だと思っていても、放置していることで、修理費が高くなることもあります。

愛車なのであれば、車の状態をチェックしておき、異音別に改善を図っていきましょう。

この記事では、車の異音の原因や改善方法を解説していきます。

スポンサーリンク

足回りの異音の主な原因

足回りには、多くの部品が使われており、異音ごとによって壊れている、もしくは不具合がある可能性がある部品が異なります。異音別に壊れている可能性がある部品を解説します。

ゴーという音の場合

もし「ゴー」という音がしているのであれば、ハブベアリングが壊れている可能性があります。

動画で見てみましょう。

走行中 後ろの方からゴー音 ハブベアリング異音

もし似たような音が発生しているのであれば、ハブベアリングの故障が考えられます。

ハブベアリングは、ドライブシャフトからの動力を伝えるための軸受けとなっている部品です。

金属のボールが密集しているのですが、摩耗などによって隙間が生じると異音が発生します。不具合が発生すると、交換が必要です。

ギシギシという音の場合

ギシギシという音の場合は、

スタビライザー取り付け位置の、ブッシュが劣化していることが原因になっているでしょう。

ブッシュはゴムでできているので、
経年劣化が避けられないパーツです。

交換自体も割と安いので、
部品の交換をしてしまうと異音の改善ができるでしょう。

シャリシャリという音の場合

シャリシャリという音は、ベルト関係が原因となっているでしょう。

ファンベルトやパワステベルトが傷んでいるか、ブレーキパッドが減っているとこのような音が発生する可能性があります。

部品を新品に交換すると、異音が改善されることでしょう。

キーという音の場合

キーという音の場合は、ブレーキパッドが減っていることが原因です。

元々ブレーキパッドには、ブレーキパッドが摩耗するとキーという音で知らせてくれるようになっています。それで、異音は、実はブレーキパッドが無くなってしまった合図のことも。

整備工場でブレーキパッドが無くなっていないかどうかを確認してもらいましょう。

ブレーキパッドの交換であれば、それほど手間もかからずに交換できます。

スポンサーリンク

車高を下げているのは足回りの異音の原因?

ショックアブソーバー

車から異音がしている時に気になるのは、車高を下げていると異音が発生する原因なのかということです。

詳しく見てみましょう。

ショックアブソーバーからの異音

ショックアブソーバーを交換していると、
ショック抜けが原因となって異音が発生していることも。

ショック抜けとは、ショックアブソーバーの中のガスやオイルが抜けてしまっている状態のことです。

ショック抜けになってしまうと、本来の機能が発揮できないので、
異音が発生する原因になります。

もしショックアブソーバーが異音の発生原因であれば、
交換を考える必要があるでしょう。

車高を下げる施工も影響

車高を下げる際に、インナー切り上げなどの施工をしていると、
車体からきしみ音が生じることもあります。

下の方から聞こえていると、
足回りからの異音と感じ違いしてしまうこともあります。

車高をすでに下げているのであれば、施工方法が影響していないか確認してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

足回りから異音が発生していると、不安になりますが、
この記事で主な原因を見つけることができたのではないでしょうか?

足回りは、車の中でも非常に重要なパーツです。

異音が発生した段階で、原因を確かめて、
整備工場で整備をしてもらうことをおすすめします。

もし修理に費用がかかるのであれば、乗り換えを含めて考慮すると良いでしょう。

スポンサーリンク
トラブル
スポンサーリンク
シェアする
クルライ