車のエンジンオイルの交換費用は?交換の時期や相場について!安くする方法はある?

エンジンオイル交換

車のエンジンオイルは、定期的に交換する必要があるものです。
しかしできることであれば、エンジンオイルの交換費用は抑えたいものですね。

この記事では、車のエンジンオイルの交換費用や交換する時の主な相場、さらにはオイル交換費用を安くする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

オイルの役割を知っておこう

オイル交換をするにあたって、オイルの役割を理解しておきましょう。
エンジンは、ピストンが上下することや、回転することで、エネルギーが生み出されます。

その中でエンジンオイルは、摩耗を防ぎ、エンジンが正常に機能する助けをしているのです。

オイルの主な役割

オイルにはいくつかの役割があります。

・冷却作用

循環をする時に、エンジンの熱を吸収します。熱がうまく分散されるという働きをしています。

・潤滑作用

オイルは金属同士が、摩耗しないように油膜で保護しています。
スムーズにエンジンが動くのに重要な役割をしています。

・密封作用

シリンダーの中で、圧縮し爆発が起こる時に、
油膜がシリンダーとピストンリングの隙間をふさぎます。
効率よく爆発のエネルギーを運動エネルギーに変える働きをしています。

・防さび作用

エンジン内部に、エンジンオイルがあることでさびの発生が防がれます。

オイルを交換しないとどうなる?

エンジンオイルを交換しないでいると、最終的にはエンジンが故障する原因となります。
エンジン内部には、燃えカスなどが出てくるのですが、エンジンオイルが除去します。

また下にたまった燃えカスであるスラッジは、
エンジンオイル交換することで蓄積を防ぐのです。

オイル交換を長期間しないと、スラッジが蓄積されたままになり、
最終的にはエンジンの故障や不調の原因となるのです。

スポンサーリンク

車のエンジンオイルの交換費用の目安は?

車のエンジンオイルの交換にかかる費用の目安を見てみましょう。

ガソリンスタンドで交換する場合

ガソリンスタンドで交換をすると、普通車の場合は3000円から4000円の間で交換できるでしょう。

もしコンパクトカーや軽自動車の場合には、工賃込みでも2000円ほどで交換できます。

カー用品店で交換する場合

カー用品店で交換すると、工賃は500円ほど、オイルは品質によって自分で選択するという流れです。

軽自動車サイズのものであれば、2000円弱で購入できるので、ガソリンスタンドよりも安く交換できます。

ディーラーで交換する場合

ディーラーで交換する場合は、コンパクトカーで3000円少し、普通車で4000円ほど、大排気量車になると5000円となります。

排気量によって変わりますが、ガソリンスタンドで交換するよりも少し高いでしょう。

スポンサーリンク

自分でオイル交換をして費用を抑える!

オイル交換の費用を抑えるには、自分で交換するという方法が一番良いでしょう。

ネットなどでオイルを交換する

ネットなどでセールされているオイルを購入すると、安く手に入れることができます。

ガソリンスタンドやカー用品店では、お買い得品がないこともありますが、ネットであれば安く購入することができます。

20リットル缶を購入すると、さらに安くなりますが、一度開けてしまうと早目に使う必要があるという点も考慮しましょう。

距離を走る方であれば、大きな缶で購入する方が安上がりになるかもしれません。

自分で交換する手順

エンジンオイルを自分で交換するには、最初に必要なものを準備することから始めます。

エンジンオイルの交換に必要なものは、以下の通りです。

・エンジンオイル

・ドレンパッキン

・ジャッキ

・工具

・廃油パック

それでは、順番にオイル交換の方法を見てみましょう。

  1. エンジンを1分ほどかけてオイルを柔らかくします。
  2. 車をジャッキアップします。
  3. オイルパンからドレンボルトを抜きエンジンオイルを取る
  4. ドレンボルトの下に廃油パックを置き、古いオイルを抜き取る
  5. オイルが抜き取れたら、新しいドレンパッキンを装着して締める
  6. 規定量のオイルを注入する

オイル交換をする時には、2回に1回はエンジンオイルフィルターを交換するのを忘れないようにしましょう。エンジンオイルの交換方法を動画で確認してみましょう。

プロの整備士がオイル交換作業を徹底解説!
スポンサーリンク

まとめ:エンジンオイルは定期的に交換して楽しいカーライフ!

エンジンオイルを交換するのであれば、カー用品店での交換が便利で安いのでおすすめです。

もし自分でオイル交換するのに挑戦してみるのであれば、必要なドレンパッキンや工具などを準備してみましょう。

距離を走る方であれば、自分でオイル交換をするのも良いでしょう。

上記の動画などを参考にして、オイル交換を行い、楽しいカーライフを送りましょう。