車のローンに通らなかった!乗りたい車がある場合はどうする?

車を購入するときに、ローンを考える方も多いです。数十万円から新車なら数百万円が必要になるので、現金一括で購入できる人は多くないのです。そこでローンを利用して、借入をして車を購入します。

しかし

ローンの審査に通らなかった場合はどうするんだろう?

と思うかもしれません。

結論から言うならば、

  • 中古車に乗る
  • リースを考慮する

2つの選択肢をおすすめします。

では、車が必要なので購入したい方ならどんなことができるのか対処法をご紹介します。

自動車ローンに通らない理由

マイカーローンの審査を受けて通らないなら、何らかの理由があると考えられます。

・年収の借り入れのバランス
・借り入れ状況の問題
・金融事故

多くの場合に、これらの3つのどれかに当てはまっている可能性が高いです。

それぞれの理由がどのように影響するのか見ていきましょう。

年収と借入の割合が3割以上

年収と借入のバランスがおかしいことは、ローンに通らない理由となるでしょう。金融機関は申込をした人の年収と借入金のバランスから、問題なく返済できるのかを判断するからです。

年収が300万円の人が600万円の車を頭金なしで借入するのは、難しいと判断されるでしょう。安定した仕事であっても、年収に対しての返済額の割合が多いとされるからです。もちろんどのくらいの金額であれば借りられるのかは金融機関の判断によって異なります。

しかし目安となるのは、返済比率が30%ほどであることです。この割合は、借入金額を年収で割ります。

借入金額÷年収=30%以下

審査に通るためには、上記の計算式をしてみて範囲内に収まっているのか確認しておきましょう。

さきほどの年収が300万円なのであれば、90万円までの借り入れであれば審査に通る可能性が高くなるでしょう。もちろん審査基準は、単純に年収だけの問題ではなく、他の要素も考慮されるので一概に基準があるとは言えません。

金融事故がある

金融事故があることも、審査通りにくくなる原因です。金融事故というのは、簡単に言うと滞納があったという意味です。クレジットカードや他の借り入れで滞納があった場合に、信用情報に傷があるので審査に影響していることも考えられます。

自己破産などをしているなら、一定期間が経過していないなら信用情報に傷がついたままで審査に通らないケースもあるでしょう。

借入状況に問題がある

年収と借入希望金のバランスが問題なくても、現在の借り入れ状況に問題があれば審査に通らないでしょう。例えば、年収300万円の人が90万円の借り入れを希望しているのですが、すでにカードローンで100万円の借り入れがあるという場合です。

現時点で一定基準より借り入れがあるなら、返済が滞る可能性があると判断されて審査に通らないのです。少額であったとしても、カードローンのキャッシングが多いのであれば、計画ができない人と判断される可能性も高くなります。

今の収支や借入金額のバランスをチェックしておくと良いですね

自動車ローンの種類

そもそもどんなローンに申し込みしているのかも知っておくと良いでしょう。マイカーローンに申し込みをしたという方でも、自分が申し込んだローンには2種類に分けられることを知っているとは限りません。どちらのローンの方が審査に通りやすいのかにも影響しますので、ローンの種類も抑えておきましょう。

ディーラー系ローン

ディーラー系のローンでは、ディーラーと提携している信販会社から融資を受けます。ディーラーと提携している会社なので、後ほど解説する銀行系ローンよりも審査に通りやすくなります。

しかしデメリットとして、金利が高めで5%ほどかかるということがあります。フルローンなどで借入金額が多くなると金利負担が高くなり、返済総額が高くなることでしょう。最終的にいくら支払う必要があるのかよく検討する必要があります。

またディーラー系のローンの場合には、所有権はディーラーにあります。自分の好きなように使えるのですが、あくまで所有者はディーラーになるので、売却の自由がありません。この点もディーラー系のローンを検討しているなら考えておきたいポイントです。

銀行ローン

銀行系ローンは、名前の通り銀行から借り入れを行います。銀行系ローンは、ディーラー系のローンと比較して低い金利がメリットです。その分、ディーラー系のローンと比較して審査が厳し目になっています。さらに審査のときに、税金の滞納などで口座の差し押さえの経歴があると審査に通らない可能性が高いです。

一般的な金利の目安として変動金利で1%から2.5%ほどになります。その他の銀行でも4.5%ほどになっているので、ディーラー系ローンと比較すると低金利ですね。もちろん条件や金利は、金融機関ごとに違いがあるのであらかじめ確認しておくと良いでしょう。

審査に通る人の特徴は?

審査に通らない人の特徴やローンの種類を見てきましたが、

結局審査に通る人ってどんな人?

こうしたことが知りたいですよね?

簡単に目安をまとめてみると以下になります。

  • 年収200万円以上
  • 滞納をしていない
  • 借入金額が妥当
  • 勤続1年以上

これらのポイントを簡単に言うと、社会的信用度が高い人ということになります。つまり、安心してお金を貸せる人ですね。

上記のポイントに当てはまっていないなら、マイカーローン以外の方法を考える方が良いかも!

審査に通るポイント

もし審査に通るのか微妙なラインなら、次のポイントを抑えておくと良いでしょう。

  • 仮審査をする
  • ローンの返済を終わらせる

この2つをしておくと、審査に通る可能性を高められますよ!

仮審査をしておく

仮審査というのは、ローンを組む前に行う事前に行う審査です。なぜこの審査を受けることをお勧めするかというと、自分の審査が通るのか事前チェックできるからです。

本審査を進めてしまうと、「申し込み」の履歴が残ってしまいます。もし審査に通らなくて、別の申し込みをしていくと、多数の「申し込み」をしているという履歴がついてしまうのです。結果として、他の審査に悪影響を及ぼすことも考えられます。

ローンの返済を完了させる

もしカードローンを利用しているのであれば、まずはローンの返済を完了させてからカーローンの審査を受けましょう。ローン会社としては、年収に対してどれほどの借り入れ金額があるのかで判断します。

キャッシングやリボ払いなど返済できるものは返済しておくと審査に通る可能性は高くなるでしょう。

ローンに通らなかった場合にできること

ローンに通らなかった場合には、何ができるでしょうか?

車が必要なのに審査に通らないのはやばい!

という方のためにおすすめの方法をご紹介します。

中古車に乗る

え?中古車?と思われるかもしれませんが、簡単で確実な対処法は中古車。現金で買える範囲の中古車にしておくなら、とりあえずの移動手段を確保できますね。

こんな車ではなく新車に乗りたい!という方には当てはまらないかもしれませんが、もし中古車でも妥協できるなら、用意できる範囲で購入できる車ならすぐに車に乗れるでしょう。

例えばガリバーの中古車サイトであれば、予算に合わせて在庫を探すことができます。自社で買い取りをしている車体も多く、質の良い中古車を探しやすいですね。価格も30万円以下、50万円以下などと予算に合わせて在庫検索をしやすいので、予算に合った車をすぐに探せます。

頭金を用意する

別の方法は、頭金を用意するということです。頭金を用意できるなら、借入金額を減らすことができます。借入金額を減らすことができれば、その分審査に通る可能性も高くなります。

審査のときに与える印象としても、頭金があるということは資金計画ができる人という印象を与えることもできるでしょう。もし今の状態で審査に通るのか心配な場合には、頭金を大目にしておくことをおすすめします。

リースを考慮する

もし審査に通るのか不安になっているのであれば、リースを考慮することもできるでしょう。というのも、リースの場合には頭金を用意することなく契約できるからです。頭金も用意することが難しく、中古車は乗りたくないなら、毎月一定額支払うリースを考えてみることができるでしょう。